胸を美しくする成分と食べ物

  

バストを美しく見せるために体を中から変えていきましょう。女性の胸に良いとされるのは、お肌に良いとされる「ビタミン類」、筋肉や血液をつくる「たんぱく質」があります。ここではそれらの成分の効果と成分を多く含む食べ物を紹介していきます。食生活を見直してバランスよく食事を取ることで健康的にバストをキレイに見せましょう。

ビタミンA、カロチン

お肌や粘膜を正常に保つ働きがあります。足りなくなるとお肌の抵抗力が低下して肌荒れの原因になります。発がん性を低くする働きもあるといわれています。油で炒めると吸収率が上がります。またカロチン
は体内でビタミンAに変わるのでカロチンもビタミンAと同じ働きがあるといえます。

■ビタミンAを多く含む食物
バストビタミンA
レバー、ピーマン、バター、チーズ、ウナギ

■カロチンを多く含む食物
ニンジン、カボチャ、ほうれん草、ニラ

ビタミンB2

細胞の生まれ変わりや成長を促す効果があり、不足するとお肌や粘膜がかさつく原因となります。ほかにも脂肪の代謝を助ける働きがあり、中性脂肪やコレステロールを減少する効果もあります。熱やアルコールに弱いので、加熱しないで良い物はできるだけ生で食べましょう。

バストビタミンB2
■ビタミンB2を多く含む食物
モロヘイヤ、ウナギ、シソ、レバー、納豆、パセリ、菜の花

ビタミンB6

たんぱく質(アミノ酸)の代謝に必要なビタミンです。不足するとお肌や粘膜のトラブル(肌荒れ・ニキビ)の原因となります。摂取すると肌荒れ・ニキビなどのお肌のトラブルを改善する効果があります。

バストビタミンB6
■ビタミンB6を多く含む食物
マグロ、サンマ、サケ、レバー、豚もも肉、バナナ、サツマイモ

スポンサードリンク

 


ビタミンC

細胞機能、免疫力を高める効果があります。不足するとシミやシワの原因となり、風邪をひきやすくなったり、身体が疲れやすくなります。

バストビタミンC
■ビタミンCを多く含む食物
パセリ・ブロッコリー・ピーマン・レモン・柿・イチゴ・ほうれん草

ビタミンE

老化の原因になるといわれる過酸化脂質ができるのを防ぐ効果があります。不足するとシミ、血行不良から冷え症や肩こり、頭痛を起こしやすくなり、生理痛や更年期の諸症状がひどくなる原因となるといわれています。

バストビタミンE
■ビタミンEを多く含む食物
マーガリン、アーモンド、トウガラシ、小麦胚芽、赤ピーマン、落花生

たんぱく質

皮膚、筋肉、血液、骨をつくる働きがあります。バストアップのためのバストの張り、健康には必須の成分です。不足すると体力が落ちて、頭の働きも鈍くなります。ただし、摂取のし過ぎは肥満の原因にもなりますので注意してください。また、植物性と動物性をバランスよく摂ることも大切です。

■たんぱく質を多く含む食物
マグロ赤身、カツオ、トリササミ、皮なしトリ胸肉、チーズ、ヨーグルト、納豆、卵


スポンサードリンク

バストアップのための知識
バストとは 理想的なバストの形 いろいろなバストの形 いろいろな乳首・乳頭の形 ブラジャーのつけ方・選び方でバストアップ  
体操で胸が大きくなる方法
胸が大きくなる筋トレ方法 胸を大きくするストレッチ方法 胸を大きくするマッサージ方法  
胸を美しくする食べ物・サプリ
胸を美しくする成分と食べ物 胸を大きくするサプリメントの成分  
バストの美容整形手術
豊胸手術について 豊胸手術の疑問や不安 バストのいろいろな美容整形手術  
胸を大きくする最新情報
胸が大きくなる方法人気アイテム 光豊胸  
当サイトについて
相互リンク集2 相互リンク 相互リンクについて 当サイトのご利用について